入れ歯のケア次第で、長く使うための必要な方法

>

重篤な疾患リスク

姿勢が歯並びに関係

姿勢を正しく保ちながら食事を摂ることで、整った歯並びを維持します。
もし、椅子に掛けた状態で、足をしっかり地につけないで固定されずに食事を摂れば、力が入っていないので、食べ物を噛む時に、歯の咬合力や噛み合わせが通常より少し弱くなります。
その弱くなった分は、顎の骨の成長が望めません。
子どもの場合は踏み台などを使うと、しっかり足で踏ん張って椅子に掛けられるので、姿勢も楽になります。
頸椎が正しく伸び、顎に負担がかかり過ぎません。
和室などでは、正座をすると良い姿勢になります。
干物や乾物や根菜類やキノコ類などの堅く、歯や顎を使ってしっかり噛んで食べなくてはいけない咀嚼が必須なものと、肉や魚などの食材とを、栄養のバランス良く一緒に摂取すると、顎の骨や歯のために良いでしょう。

噛めることから健康維持

姿勢にはいつも気をつけましょう。
全身の支える筋肉が弱くなることで、咀嚼する力に影響します。
しっかりと噛めなかったり、顎も悪くしてしまいます。
体力作りを心掛けましょう。
幼少からよく歩くことに注力し、公園等でも全身を動かす遊びが、歯のためにもなります。
正しく咀嚼することは、正しい姿勢で唇をとじて、歯をバランス良く使って食べ物を噛む行為です。
良い歯並びに関わるので、正しく噛むことができる習慣をつけることが必要です。
咀嚼をたくさんすることから唾液が分泌することによって、むし歯予防につながります。
健康とむし歯のないことは基本的なことです。
噛むことが人の生活や健康にはとても重要です。
咀嚼の効果によって認知症発症リスクにも影響し、かなり差があります。
咀嚼からの脳への刺激に加え、脳の血流が良くなることから、お口の中の歯の状態などから、認知症発症リスクが減少することも言われています。


この記事をシェアする