入れ歯のケア次第で、長く使うための必要な方法

>

お口に合ったもの

食欲を抑えるはたらき

身体からの排泄や呼気や汗等から、1日に約2リットルペットボトル1.25本程度の水分が喪失します。
補う水分は、飲み物と食べ物から同量の水分摂取が必要です。
大まかに食べ物からは別として、飲み物から1日同ペットボトル0.6本の水分摂取が良いそうです。
食事の前や食事中に水分の飲み過ぎは、食べるのを抑える機能が停止してしまって良くありません。
食欲を抑えるはたらきを得るのは、咀嚼する時の歯の根のあたりの「歯根膜」の刺激により顔の頬の筋肉も動かせることからです。
これらの動きが脳の刺激につながり満腹中枢を刺激します。
糖質の摂取による血糖値が上昇した時にも食欲を抑えるはたらきを得ることがありますが、咀嚼からの方が即座に脳に届き、咀嚼の回数を意識しておくと、食欲を抑え食べ過ぎません。

唾液のホルモン

咀嚼し「歯根膜」の刺激から一連の脳までの影響によって、交感神経から内臓脂肪も分解し減らします。
唾液のホルモンには脂肪を燃焼する効果が知られ、成長ホルモンは脂肪燃焼や筋肉や骨の増強や代謝のコントロールなど。
ダイエットには最適の効果を、唾液から得られ、これらのホルモンが成長ホルモンに似ています。
加齢で成長ホルモンが減少し、咀嚼しなければ分泌されないこともあります。
唾液の分泌する量がポイントです。
唾液は1日に約同ペットボトル半分から0.75本分の分泌がされ、咀嚼する回数に比例し、減少すれば唾液分泌量は減ってしまい逆効果になります。
食事の際、水分を供給しなければ喉を通過しにくい等の症状の方は、唾液分泌量について調べましょう。
また、水分を摂り過ぎると、脂肪燃焼ができなくなります。


この記事をシェアする